lie

昨日横浜の新聞博物館での企画展の報道写真家、福島菊次郎さん92歳の写真展を見に行ってきた。
一昨日、日曜は最終日。天候はあいにくのドシャ降りの雨。

菊次郎さんのドキュメンタリー、‘ニッポンの嘘’は数ヶ月前に世田谷で見ているけど、写真の作品を直に見るのは初めて。
作品には菊次郎さん自身の手作りのキャプションが一点一点に着けるけられている。
中には修正液の上に手書きで書かれたものもあった。
その中でも目が釘付けになったのは冒頭の広島の被爆者に密着した最初のシリーズだ。
これは国が一般には見せたく無い写真だろうなと思った。
その被爆者の戦後の凄惨を極めた病と餓死寸前の困窮生活を直視した菊次郎さんの視線は写真家といった肩書きなど関係無く、
鬼気迫るものがあり、時に人間味のあるのだった。
そしてその被爆者の生活を最も凄惨に追いやっているものが同じ人、同じ被害を蒙った人。
であることが改めて現代の生活でも、隣り合わせにある不条理と重ねて見てしまった。
‘おもてなし’、‘絆’の国が持ち合わす実像がそこにあった。

ここ数ヶ月、大阪でも戦争加害の展示物が撤去、広島の平和資料館の被爆人形が撤去決定。
先ほどニュースを見てると東京オリンピックでの国立競技場建替えにともない同敷地の学徒出陣の碑が撤去決定。
そのような碑があったことさえ知らなかったけど。VTRでは碑に集まる戦時学生時代だったお年寄りが千人規模くらいで集まる式典の模様など映し出されていた。

都合の悪いことは見ない。
臭いものには蓋をする傾向が著しく強いこの社会で菊次郎さんの生き方、写真に出会えたことは不幸中の幸いでもある。

No.295.Daily.Photo.2013

No.290.Daily.Photo.2013

No.291.Daily.Photo.2013

No.292.Daily.Photo.2013

No.293.Daily.Photo.2013

No.294.Daily.Photo.2013

Advertisements

About hidetoshi0

Artist currently working in Tokyo. http://www.hidetoshiyamada.com/ Ver.2.0: http://www.hidetoshiyamada.com/Ver.2.0-Top.html
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s