Monthly Archives: July 2012

Summer

25th Jul. at 12:00 mid-day. Temperature should be more than 30℃. So many things are happened in every week, every day after 3.11. So many difficulty in the world. But if could find the other dimensions to think and live, … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Everyday

前回いつ書いたか憶えていないくらい日が経ってしまい。 今日は一仕事終えて、もう別作業前にブログへ。 実は画像だけは用意してディスクトップに貼り付けたままにして置いたのだけど。 しかし、まあ毎日のように社会的に沸点に達するべく様々な動きが起こっているのは、ここ数十年又は戦後以来もっとも動乱期に入ってるんではないだろうか。 原発問題の当事者になって気づいたことで、今までいかに社会的なことに無関心だったことへの自分への怒りもあるし。 こんなに毎日が社会を揺れ動かすようなことが日に日に大きくなっているのも、実は今までも水面下で起こっていたことが3.11を期に一気に噴出したに過ぎない。 そして自分たちの暮らしが弱い立場の他者の上に成り立っていたことに、また実は自分たちの暮らしもその上の一部の優位に立つ人間の暮らしの下に敷かれていたということが、多くの人が気がついたに違いない。 先日も原発事故の国会事故調では、人災とその事故の背景には日本的文化が色濃く関係しているといった調査報告の結論だった。 人災というのは事故後から言われていたことだけど、国の最高機関の調査が公式に認めたということで世界中の報道のトップの中に入っていた。 人災というのが事故当事者が公式に認めたのであれば国際的に様々な日本への対応もそれによって大きく変わるからだ。 いろんなことが破綻してるけどそれでも今はまだGDPで3位だし。 チェルノブイリでは旧ソ連が国際的に賠償を負った話は不勉強で聞いていないけど、今後海洋汚染に対する賠償はどうなるか分からない。 20兆円になるんではといジャーナリストの話もあるけど、それは石垣の人も礼文島、小笠原の人も含めて全て一律で税金。 大阪市の橋下知事は湾沿いの処理場に瓦礫焼却灰を埋めて、湾に流れても問題になる値では無いと言っていたけど、ロンド条約とか知っているのだろうか? いくら湾でもそれが大阪市だけの物だという考えなんだろうか? anyway。今週も様々なことが起こるだろう。 気力、体力、健康といった基本的なことを整えて今週もスタートさせたい。

Posted in Uncategorized | Leave a comment