続く

毎日毎日、心落ち着くことが無いようなことが次から次へ起こり早一年弱。

これが際限なく続くと思うと3.11以降失ったものの計り知れなさを日に日に実感が増してくる。

先日22日、3.11前にChristchurchでも日本人学生も含めた大勢の犠牲者を出した震災の一年の追悼式が行われた。あのときは現地は大変だなあとニュースを見ていた。

そして3.11も一年を迎えようとしている。そんな中改めて、被災地の作家はどうしてるんだろうかとふと思う。津波で自分の作品、ポートフォリオ、データ、道具、etc.. 全てを失った作家、福島第一原発、警戒区域周辺で創作活動の拠点を追われた作家も少なくなかったんじゃないだろうか。

東京にいると半径20Kmというと、よく見る地図の円形の図の認識で完結しがちだけど、東京でいえば23区ほぼ全域がゴースト・タウンになってしまったということだ。

3.11以降止進まなくなってしまった時間のように自分でも毎回同じようなことを堂々巡りのように書いてる気がする。

そういえば二十歳位のとき友人と相馬の馬追い祭りを見に行った。

テントを担いで夜は海岸近くの整備が整った公園でキャンプをした。

今思うとその公園は1Fから数10キロ位の場所だったと思う。

そんな中汗だくになりながら夕方、町の小さな銭湯に友人と行った。

先客には背中に墨が入った50代くらいの、いかついヤクザが二人入っていた。

当時銭湯で墨が入ってる人を見ることは子供のころから当たり前の光景だったけど、

そのあまりしまった感じでない刺青を見て友人と田舎のやくざなどと面白く陰口を叩いていたほどだった。

銭湯を出て友人としばらく歩いていると先程のヤクザの一人が追いかけて来た。

何事かとドキッとしたけど、その人は友人が脱衣室に忘れてきた財布を急いで追いかけて持って来てくれたのだ。

田舎のやくざなどと陰口をたたいていたことが恥ずかしくなるような出来事だったし、

その土地の人柄を垣間見るような出来事を今も鮮明に憶えている。

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

Inogashira

 

Advertisements

About hidetoshi0

Artist currently working in Tokyo. http://www.hidetoshiyamada.com/ Ver.2.0: http://www.hidetoshiyamada.com/Ver.2.0-Top.html
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s