Monthly Archives: September 2011

9.19.2

9.19に行われた脱原発の集会とデモの取材に明治公園、原宿方面に行って来た。 今回は作家の大江健三郎氏など著名人の呼び掛けもあり9.11よりもさらに大規模なものになっていることが、その日の午前中のtwitterの写真やIWJのUst同時多元中継で見られた。 写真では千駄ヶ谷駅のプラットフォームがすでに人で埋めつくされている物もあった。 明治公園に着いたのは、すでに集会やスピーチも一通り終わり数コースに別れてデモ隊が行進を始めていた。今回は当初から9.11の雰囲気とまた別のものを感じた。都内各区のグループ、労働組合、教員組合、各県からのグループと幟もプリントされた物が圧倒的に多く、子供のころテレビで見た労働運動や学生運動を思い起こさせる第一印象を受けた。 妙なことは9.11の若者中心のデモに比べるとかなり警官の対応が寛容なのだ。 威圧的なところはあまり見られず交通整備くらいに見えた。後で聞くところだと高齢者の行進者を気遣う警官もあったとのことだ。警官もただ単に高齢者対応というだけでなく、そういったまとまったグループが集まると対応にも遠慮が入ってるんだろうか?わからないけど何かしら対応策の違いが間違いなくあったのだろう。 その後は代々木公園方面に回った。NHKの裏の歩道橋辺がゴールになっていて、そこに地方から参加した人たちの送迎のバスが列を連ねていた。 興味深かったのはそこに有志でスピーカーズ・コーナーを設けていて。今回の原発事故で意見を発したいひとは誰でもそこでスピーチが出来るのだ。ちょうど流暢な日本語を話すイタリアの青年が今回の原発事故と日本にいて変わらなくてはいけないことを熱くスピーチをしているところだった。若者中心の聴衆も真剣に耳を傾けている姿も、今まで見られなかった光景だ。 デモは代々木公園のゴールから断片的に耐えることなく表参道、青山通り、さらに明治公園まで続いていた。参加者も高齢者からベビーカーの赤ちゃんまで様々な参加者で埋めつくされていた。 5月の始めまでは、まだデモも特殊な団体に写っていた感があるけど、そこで無関心にショッピングをしている人たちと3.11以降を生きる人と3.11前に生きている人の違いをも肌で感じることができた。 Advertisements

Posted in Uncategorized | Leave a comment

March 9.19

I went to investigate and take photo of Anti-Nuke gathering and march in Tokyo on the last Monday. The last Monday was national holiday to respect old people. I was checking it throug Twitter and Ustream on the Monday morning. … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

9.11 / 3.11 – 2

9.11から10年、3.11から半年。 10年後にまさかこんなことに成ってるとは夢にも思わなかっただろう。 日本では半年前の3.11について落ち着いてその大震災、津波を振り返る間もなく、まだ引き続きいつ終わるとも分からない原発災害が継続中なのだ。福島第一周辺地域では3.11の2時46分から時間が止まったままだ。最近一時帰宅した大熊町の人の写真を見ると、家の食卓が3月11日の食事中のままになっていた。着の身着のままで慌てて逃げたのだろう。 今年の9.11では放射能の問題が多面で深刻化している都内でも、数箇所で多発的に脱原発のデモが起こった。 予定の現場となっている経産省のヒューマン・チェーンと、恒例となった新宿周辺のデモを見に行って来た。新宿はアルタ前がエジプト革命の象徴タハリール・スクエアの様に脱原発の象徴的広場に成り始めている矢先に、花壇の手入れか工事かの名目で閉鎖されていた。 全く子供扱いのような日本らしい。 震災以降多発しているデモは戦後の学生運動依頼だと思うし、今起こっているデモは子供たちや自分たちの命に待った無しで直接関わる脱原発や放射能、汚染といったことなので、安保反対運動のものとは大きく異なっているようだ。とりわけデモに参加している人の年齢層も広く、女性や子供の参加が多く目に着く。やはり現状に危機感を感じなんとかしなくてはと思う人が確実に広がっているようだ。 3.11以降こういった光景は当初は大半の人が奇異、無関心の目を向けていたと思うが、今全国各地で多発しているデモも恒例的な光景に成りつつある。 新宿伊勢丹前ではネトウヨらしきグループも日章旗、日の丸は大量に掲げて、目の前の脱原発の行進に野次やら罵倒をしていた。非常に気持ち悪い集団だなあと思っていたら、タイベックス防護服とフィルター・マスクを付けたカップルともみ合いになり、カップルはうも云わされず羽交い締めに合い警備に当たっていた警官数人がかりで連行されてしまった。 カップルは後でIWJのインタビューでも出演していたフランク夫妻という、フランス人と日本人のグラフィック・デザイナーのカップルでフランクさんは数日、拘束されていたそうで、女性の方も数日本当に大変だったそうだ。 デモ自体はかなり警察官のガードが不用意に固く、例えば脇をすり抜けようとする自転車の通勤者まで下車させて脇を歩かせる始末だった。 だけど警察官の数なんて東京都民の0.何パーセントくらいなんだろうから、関東周辺の人たち位ででも国会でも経産省でも囲めば本当に世の中変わるんだろうと思った。 権力を持っている数少ない人たちも、今回の原発対応で本当に無能な人たちだって露呈してしまったことだし。  

Posted in Uncategorized | Leave a comment

9.11 / 3.11

A decade has past since 9.11 and six month for 3.11 yesterday. I was in London when 9.11 was happened in 2001. 9.11 changed the world and it is seemed to be linked more or less all problem in the … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

The end of summer 2011

台風が来ていた前後は随分と涼しい数日続いていたけど、また真夏日に戻ったように日中は暑い日が続いている。暑さ的に数年前に九月の後半に福岡に行ったときの猛暑日を思い出すけど、さすが日が落ちると過ごしやすい。 昨日は2学期のイラスト、ドローウィングの授業を担当してるエスペランサ靴学院の最初のプレゼン、講評会だった。用意していた資料のデータがなぜか授業直前に開かなくなり、予定前倒しでプレゼンを始めてもらったけど、最初はちょっと調子が狂ってしまったな。 朝機材の準備も含めて8時過ぎから18時位までほぼノンストップと暑さで終わってから疲れがどっと出てしまった。去年の4授業担当した生徒の中には確実に伸びている生徒も見られたので、よかった。終わってからは浅草のGallery efは 今週は夏休みだしかなりヘトヘトだったので、そのまま帰宅。efのIzumiさんは夏休みは被災地のボラに参加すると言っていたので、またその報告も聞け るだろう。efといえば先週行ったとき療養されていたオーナーの慶子さんも復帰されていて、また家族の笑い声が絶えないようなefになっていたし銀次もますますと元気になってるようだった。 そういえば、efでの展示からもう1年になろうとしてるのか。あの頃は平和だったなあ。 今週はニュースには出ない首都圏でのプルトや他各種の検出がtwitter上で再熱していたけど。 と いうのもBusuby博士のカー・フィルターで検知されたレポートは数ヶ月前で、これは危機的な問題だけど、やはり身の回りに実害が起こらない限り、実感 を持って当事者としての危機意識からの行動は人には出来ないようだ。何度も書いたけど街中は去年の街中となんら変わっていない。 自分が実際に子育てする立場になったら、本当に東京で健康への影響が子供に出ないことを祈るように毎日を生活することがいいとは思えないけど、人それぞれ事情を抱えていてる中での、これからの生活をどのように行うかの選択は非常に難しい。 数か月前からスケッチなど進めている徳島の大西君の注文の絵の話も大詰めに来ている。10月に出産んを控えた奥さんと赤ちゃんに送る絵とのことなので、精一杯やろうと思ってる。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

‘Magenedo Iidate’ press conference

I participated the press conference ‘Magenedo Iidate’ (Never give up Iidate village) hosted by FPAJ in Hirakawacho on the last Friday. This press conference is the report of three residents in Iidate what they experienced the  in their village after … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment