Monthly Archives: August 2011

「負げねど飯舘」記者会見【主催:FPAJ・自由報道協会】参加記

8月26日、自由報道協会主催、飯館村の愛澤卓見氏、佐藤健太氏、鈴木ヤスオ氏の飯館村の現状報告の会見に都内平河町の会見場にて参加して来た。 きっかけはTwitterでフォローしている、おしどりのマコ・ケンさんの呼びかけと、主催者側の一般市民への報道を前提として参加というオープンな会見といこともあり、飯館村の村民の生の声を聞くのにいい機会だと思ったからだ。 というのも3.11依頼、震災、原発関連の会見やインタビューは毎日のようにUSTやニコ生で聴きながら作業しているので、報道の生の現場を見るというのも非常に興味があった。 その日は午後から都内を黒雲がすっぽり包み、雷を伴う大雨の中行われる天候の中、会見になった。 まず会見は愛澤氏からの飯館村の3月の原発爆発後の放射性物質の飛来による被ばく状況から話された。 飯館村近辺というのは冬期には霧の発生が多く、放射性物質が飛来した当日もその霧と一緒に村自体が包まれてしまったのではないかということを非常に危惧されていた。 しかし愛澤氏は温厚なお人柄と起きた出来事に対して非常に明晰に、ときにユーモアを交え一つ一つ明快に答えられていた。そこには悲壮感というものほとんど無かった分、抱えられている困難がかなり現実味を帯びて伝わった。 あと理解出来ないのは、これだけ高濃度の汚染が飯館村を襲った事実が明らかになって数ヶ月たつが、県、保安院、福島医大、東電に飯館村からWBCの活用を訴えていているにも関わらず、どこも取り合わず、検討するなどのらりくらりとしている状況だ。 WBCについては学者の見解によっては完全な検知は出来ないので無意味という意見もあるが、 それでもこれだけ高濃度地帯が現状で明らかに成っている以上、高濃度地帯の住人への現段階で出来るWBCでの検査は率先して国や県が行うのが当然の義務のはずだ。 これも原子力というこが絡むと人命が関わっているにも関わらず、物事が故意と思えるほどスムーズに行かなくなるようだ。 最後に質疑応答にてメディアについて何を期待されるかとうい質問に対し、愛澤氏は悲劇というより喜劇として伝えてもらった方が良い、進行中の出来事なので続けて報道してほしいとのことだった。 今回佐藤氏や鈴木氏の談話はほとんど記述出来なかったが、また折をみて書きたいと思う。 負げねど飯館村 自由報道協会 Video streaming by Ustream Advertisements

Posted in Uncategorized | Leave a comment

East Coast

I checked twitter in the early this morning. I knew that M5.9 earthquake hit the east coast area in US. I have not heard any earth quake hit the east coast area. And I got tension about there are so … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Mt. Kitadake

書こうと思いつつ3週間位経ってしまったけど、先日高校時代の友人に3日前位に誘われて登山に行ってきた。 登山なんて10年前にバリのキンタマーニ山以来だけど、いつか日本の山にも行ってみたいと思っていたので出かけることにした。 山は南アルプスの日本で2番目に高い北岳と聞いて、少し不安に感じていたけど放射線量が3倍高くなってしまった都内から天空に一時的にでも行きたいとも思った。 装備は持ち合わせで間に合いそうな物をかき集めて行ったけど登りで6時間要した。 登りは思ったよりも順調に行けた。登る行為自体、体力は使うものの下りほど足腰に負担が掛からないのかもしれないし、やはり上に向かうという行為は精神的に前向きにするのだろう。 登山初日の頂上から30分の位置にある山小屋地点で友人が煎れてくれたココアはさすがにうまかった。 しかし山小屋自体は収容所並みに混乱していて、避難所暮らしの人たちはこういった所で毎日苦労してるだろうなあと、消灯後イビキが響く中思ったりした。 翌早朝の登頂はあいにくガスがかかってしまったけど、やはりゴールしたことより登山の過程から含めて充実感を感じることができた。 下山は折からの天候不安定で高度が低く成る事に雨足が強くなり、さすがに膝と足先に来た。 川の流れも随分と勢いが増していたが、無事下山できた。 登山口の山小屋では行きも見たけど、今年になって若者中心に何人も行方不明者の写真が貼られていたので、決して気軽に入れる山でも無いのだろう。 帰りは温泉で汗を流し、甲府まで出てバケツ並みのほうとうを食べたり、よい週末を過ごせた。 連れてきてくれた友人に感謝した。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

mid summer

We had 66 times 8.15 in this year 3 days ago. Japanese Summer holidays-Obon is including the traditional custom that family and ancestor back to their home and family during Obon. We make small fire for them front of house … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Clean Up

Londonの暴動もTotthenamだけで起こっているのかとおもったらLondon市内は元よりUK内主要都市に飛び火しているようだ。当初からうんざりするようなニュースだなと思ってあまり見ていなかったけど、昨晩BBCやRT、市内各地の暴動の動画をyoutubeで見てたらさらにうんざりしてしまった。 日本の東北沿岸では膨大な人が、どうしょうもない自然災害で全てを失っているというのに、人的に破壊や放火、略奪の横行してる様子を見て、恵まれた環境での無知で鬱憤はらし、我欲でしか動いていない集団としか見えずニュースを追うこと自体無意味に見えてしまった。 ただその反面一般市民に団結も強まっているようで、移民の自警団がコミュニティーのある地域の治安を守るのに尽力していたり、バングラ系の少年たちが数人で暴徒を取り押さえたり、Clapham では大勢の住民がモップを片手にボランティアで街を清掃しようといった様子はLondon市民ならではの団結力の強さを物語っていた。 今回の日本の原発事故がもしLondonに置き換えて放射能拡散をの直撃を受け、政府とメディアに情報の隠蔽と安全デマを流された挙句無用の被ばくを強いられ、いつ収束ともつかない放射能の弊害を毎日受けて入れば、数十万規模の市民のデモで東電と国会や余党の建物を包囲されてたと思う。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Summer in 2011, 66 years.

Actually Hiroshima,Nagasaki and the anniversary of the end of World War II is just naturally part of Japanese summer for me since I was born. But in this summer is different because we in the east and east north Japan … Continue reading

Posted in Uncategorized | 2 Comments

2011年の八月スタート

今年は41回目の夏だけど、まったく今までどこで経験したことのない未知の夏を迎えている。 けど東京では国内外の観光客が減り、鬱陶しい節電ムードがあるくらいで全く日常の営みは変わりないのだ。この平和な日常に居ることは錯覚と言われても誰も信用することは出来ないだろう。はたまた日240億ベクレル以上の放射能が放出されていること自体実は無いんではないだろうか、とさえ思えてくる。福島第一ではまた今更ぽっろっと時10Svを放出している箇所を2ヶ所発見?し、屋内では5000mSvの箇所が見つかったと東電から発表があったばかりだ。食の汚染も本日岩手、茨城か栃木かの牛が全面出荷停止。米の古米の価格も随分上がっているようだ。 自分は秋から混合、産地偽装されるだろう新米は極力食べないことに決めてる。毎日パスタでもタイでもパキスタンの米でも一向に構わないけど、そういうわけにも行かない人が大半だと思われる。 昨晩もNHKニュース9を見てると、海外から理解を求められない日本の食に国民の同情を買うような微妙な流れの報道のしかたをしていたけど。これだけ無茶苦茶な暫定基準を強いて海外の人にも食べてもらおうなんてことが狂気のように思えてしまう。世界で最高水準のクォリティー、安全のレベルを持っていた日本の食も今の政府の無能な対応では、数世代かけても信用は取り返しのつかないことになってしまうだろう。

Posted in Uncategorized | Leave a comment